サーボ化改造システム

工程数の削減 増肉加工 設備の有効活用 サーボプレスが果たす省エネ効果

工程数の削減

サーボ化改造システムでは、当社が独自に開発したマルチアクションダイとサーボプレスを組み合わせることにより、加工工程の短縮を実現しました。これにより、加工コストを半減させることが可能になります。

増肉加工

複合プレス加工により、絞り加工製品の円筒部を増肉加工することを可能にしました。従来は小径のすえ込み加工が一般的でしたが、当社が初めて絞り加工の円筒部について増肉加工を実現。
これにより、最適板厚化が可能となり、材料費の削減、成形品の強度向上、製品の軽量化も図れます。

設備の有効活用

より少ない設備でより多くの加工をする。「設備の縮小」と「加工数の増加」の両立を、複合プレス加工によって実現できます。複合プレス加工を導入することで、複数工程を一台のプレスで完了でき、使用するプレスの台数を減らすことが可能となるのです。その工程から減らせた分のプレスは、ほかの生産に割り当てることもできます。

高効率・高品質・対応力 ―― パフォーマンスの凝縮

サーボ駆動へと改造することで、お使いのプレス機にあらゆる機能を集約。上述の複合プレス加工はその一例です。また、サーボプレスなら細かく動作プログラムを設定できるので、より精度の高い加工を行えます。高強度材や難加工材も、成形限界に応じたモーションを割り当てることで加工可能に。様々な加工実現のためにお客様と共に考え、付加価値を提供していきます。

しのはらプレスサービス株式会社 本社/工場 〒273-0016 千葉県船橋市潮見町34-2 TEL.047-433-7761(代) FAX.047-433-7706

Copyright© 2013 Shinohara Press Service Co.,Ltd. All Rights Reserved.