油圧クラッチ

ストローク数アップ可能 クリーンで静粛な作業環境 メンテナンスフリー シリーズ化された改造システム

セパレートタイプのエアー駆動・乾式クラッチブレーキを、コンビネーションタイプの油圧駆動・湿式クラッチブレーキへ改造します。油圧クラッチは、性能・環境・メンテナンスコストの全てにおいて優れた製品です。

2000kN ダブルクランクプレスの実例
  改造前 改造後
駆動方式 空圧駆動
乾式クラッチブレーキ
油圧駆動
湿式クラッチブレーキ
回転数 連続ストローク数 24spm 30spm(125%)
断続ストローク数 限界16ショット/分 24ショット/分が可能
応答性 エアーは圧縮性なので
圧力上昇までのタイムラグあり
油は非圧縮性なので瞬時に応答
停止性能 気温や使用頻度でバラツキあり 温度一定なので良好
C&Bのタイミング調整 セパレート式なので調整機構を要す コンビネーションなので不要
ライニングダスト、排気ダスト 空気中に飛散 油中動作なのでなし
排気音 電磁弁からの排気音大 油圧電磁弁につき静か
作動音 ディスク面を叩く音が大きい 油中動作なので静か
ライニング寿命 定期的なチェック及び交換 油膜効果により半永久的

ストローク数アップ可能

動力源にはエアー式(0.5MPa)より圧力の高い油圧式(6MPa)を採用。その結果ライニング直径は小さくなり、クラッチブレーキはコンパクト化されます。これにより、高速回転と軽快な動作が可能になります。


クリーンで静粛な作業環境

クラッチブレーキの作動はケーシング内(油中)で行われる為、摩耗粉塵(ライニングダスト)の飛散がなくなります。また、作動音も外に漏れにくい構造です。油圧駆動なので電磁弁から含油圧縮空気(オイルミスト)も排気されません。したがって、きれいな作業場を確保することができます。またエアーの排気音もなくなるので、静粛性が格段に向上します。


メンテナンスフリー

油中で動作するためライニングが摩耗することはなく、半永久的に使用できます。また、ライニングの交換や停止位置の調整が不要になります。


シリーズ化された改造システム

過去8000台以上のクラッチ改造実績を活かし、お客様の様々なニーズに合わせたクラッチブレーキ更新を行っております。小型プレスから大型プレスまで、そしてコンビネーションはもとより、セパレートタイプのクラッチ改造までその範囲は無限大です。


【工事実績】

アイダ PCL-1-1000

篠原機械製作所 DA-200D


アイダ C1-6

福井機械 MDN-400


320kN丸棒切断機(新規製作)

篠原機械製作所 DA200BW


しのはらプレスサービス株式会社 本社/工場 〒273-0016 千葉県船橋市潮見町34-2 TEL.047-433-7761(代) FAX.047-433-7706

Copyright© 2013 Shinohara Press Service Co.,Ltd. All Rights Reserved.