プレスのしのはらと世界ブランドSICKがコラボレーション SICK製光線式安全装置取り付け

コントロールボックスの開発 本物の安全性 豊富な取付実績 分かりやすいモニタランプ

コントロールボックスの開発

SICKのdeTec4 Primeの性能を生かして、コントロールボックスを開発しました。これにより、deTec4 Primeを旧規格の光線式プレス安全装置と置き換えが可能になりました。
コントロールボックスはコンパクト設計で、取付場所を選びません。また、センサ遮光状態を始め、センサやコントロールボックスの様々な異常を検出し、プレスへの停止出力を安全に制御します。

本物の安全性

SICKでは、1950年代に機械装置における事故防止用の初のライトカーテンを開発しました。それから半世紀以上にわたり培ってきた安全に関する経験と専門知識をもとに、deTec4 Primeが誕生しました。世界的な安全規格「Type4, SIL3, Ple」に適合した仕様です。
補助光軸の取付は直列接続が可能です。そして、防護高さと筐体高さがほぼ同一ですのでデッドゾーンなしに設置ができるため、より高い安全性を実現します。また、投受光器の筐体が耐衝撃性と頑強なフロントカバーを備えており、過酷な条件でも機能します。

豊富な取付実績

弊社では、光線式プレス安全装置に関して、プレスの種類・形式・年代に対応した豊富な取付実績があります。
これらのノウハウをもとに、“新しく光線式プレス安全装置を取付したい”、“旧型のものから、新規格に則った安全装置にしたい”、“より高い安全性を実現したい”といったご要望にお応えします。

分かりやすいモニタランプ

わずらわしいメンテナンス作業を削減します。筐体にバランスよく配置された監視・診断用LEDの色により、正常か異常かを一目で判断できます。また、投光器からの射出可視レーザーと、受光量に応じて点灯数が変化する受光器の感度LEDは、光軸調整作業を容易にします。

しのはらプレスサービス株式会社 本社/工場 〒273-0016 千葉県船橋市潮見町34-2 TEL.047-433-7761(代) FAX.047-433-7706

Copyright© 2013 Shinohara Press Service Co.,Ltd. All Rights Reserved.

プライバシーポリシー(個人情報保護方針)