安全性を高めることで生産性が倍増! 自動起動式 シャッターガード 株式会社武田製作所 様

タンデムプレス作業の「安全性」を最重視して導入決定。

当社ではタンデムプレスの台数が多く200tや110tと大きさも様々です。1人の作業者が3000パンチ以上の作業を毎日こなしています。自動プレスと違って両手ボタンスイッチを1日に3000回以上も押すことになり、作業者にとってかなりの負担でした。

作業者の疲労を軽減して「安全性」をより高めること、それが当社の狙いでした。安全に待ったはなしですよね。今までプレスには光線式の安全装置を取り付けていましたが、金型の破損部位が作業者めがけて飛んでくるなど、防ぎきれない危険性もあります。

しのはらプレスサービスさんのオリジナル商品「自動起動式シャッターガード」は、ガードの内側にも外側にもセンサーがあり非常に安全性に優れています。シャッターが閉まらなければプレスが出来ないわけですから。社長とともに各メーカーの安全装置を比較検討した結果、自動起動式シャッターガードが一番安全性を高め、生産性も上がると判断しました。

導入後は作業中のヒヤリハットや事故リスクが全く減りました。作業者も両手ボタンスイッチを押す負担から解放されて作業効率が向上しています。シャッターガードが付いて作業者の不安が無くなったことが、生産性向上の一番の要因だと感じています。

多台持ちでの「作業効率」大幅アップ!時間短縮。

当社のプレスの多くは、金型の段取り替えが少ない、専用機に近い使い方をしています。そうしたレイアウトを効率稼働させるために、しのはらプレスサービスさんの自動起動式シャッターガードは、最適な機能で応えてくれています。

例えば、2台のプレスを1人の作業者がオペレートする「多台持ち」です。スイッチを押す手間がなく両手が自由になるので、作業者が自分のリズムをキープしながら効率の良い動きをすることが出来ます。今まで2人で1パレットを埋めるのに50分かかっていた作業が、個人差の影響を受けずに1人で40分を切るスピードで生産することができます。

工程時間の短縮だけではなく、作業を午前・午後と2人で分け、1日の作業を1時間でも2時間でも早く終わらせる。余った時間は他の工程に入ってもらったり、より良い作業体制のカイゼンを作業者自身が考え、発言する。そうした職場環境づくりが実現しつつあります。自動起動式シャッターガードを導入して、本当に良かったと思っています。

現場からも「シャッターガードに慣れてしまうと、すごくやりやすい」と評判上々です。製品の種類に応じてプレス5台/5工程を5人で独立して動かすワンマン・ワンマシン方式と、3人で回す兎追い(多台持ち)方式を使い分けたり、製品の払い出しを自動化するなど、シャッターガード導入を機に、細かい点を詰めて生産性をさらに上げる挑戦にいろいろと取り組んでいます。

しのはらプレスサービスの「サービス」を他工程にも活かしたい。

しのはらプレスサービスさんの自動起動式シャッターガードは、プレスのための装置だと固定意識を持っていました。当社ではスポット溶接やアーク溶接の治具などプレス以外の工程に、派遣やパートの社員が多数在籍しています。

その方達のためにも、例えばスポット機の一台一台にシャッターガードを導入できないかと思っています。安全性をまず高めて、そうした工程でも「多台持ち」というか1人で複数工程を楽にこなせる、生産性を上げる手法を考えています。

安全に関しては、お金では買えないですよね。しのはらプレスサービス高崎営業所の鈴木課長さんは、本当に細かいところまで連絡を取り合ってアドバイスをしてくれます。 自分は現場に近い位置にいたいので、安全のこと、生産性のこと、使いやすさや作業者の意見を常に留意しています。

「困ったことがあったら、すぐに連絡してください!」という鈴木さんの対応が頼もしく思います。使い方のわからないところや異常があって止まったところ、プレスというのはいつ壊れるかわからないんですね。ラインが止まったとき、問題を的確に指摘していただき、より使いやすくなるように当社の声を聴いていただいて。 そういうところが、しのはらプレスサービスさんのトータルソリューションなんだと、実感しています。

これまでのお取引実績(抜粋)


工事年月 能力 要項
2013年9月 2000kN シャッターガード取付け
2013年9月 2000kN シャッターガード取付け
2013年9月 2000kN シャッターガード取付け
2013年9月 2000kN シャッターガード取付け
2013年9月 2000kN シャッターガード取付け
2013年11月 1500kN シャッターガード取付け(多台持ち)
2013年11月 2000kN シャッターガード取付け(多台持ち)
2015年8月 3000kN 電気制御改修工事

お客様インフォメーション


会社名 株式会社武田製作所
創業 1964年
所在地

群馬県太田市新田嘉祢町150-17

電話番号

0276-57-0398

代表者

代表取締役 武田 治人

資本金

300万円

従業員数

48名(2015年6月現在)

主な事業

自動車部品・住宅部材製造
プレス・溶接加工

ホームページ http://takeda-ss.jp/
※シャッターガードを使用した生産の様子が、映像で紹介されています。
http://takeda-ss.jp/publics/index/26/
シャッターガード電気制御改修工事

しのはらプレスサービス株式会社 本社/工場 〒273-0016 千葉県船橋市潮見町34-2 TEL.047-433-7761(代) FAX.047-433-7706

Copyright© 2013 Shinohara Press Service Co.,Ltd. All Rights Reserved.