40年前の古い設備が若返る、性能UP! レトロフィットソリューション 株式会社 水野鉄工所 様

しのはらプレスサービスの強みはメンテナンスの総合力。

当社は中部地区・愛知県名古屋市にあり、大手自動車メーカー様の系列会社様に、エンジンやトランスミッションの部品をメインに納品しています。そのための冷間鍛造プレスを数台所有していますが、設備がかなり古くなってきたため、点検を含めて何とかしたいと考えていました。

通常であればプレス機械の製造メーカーさんにお願いするところですが、コストと対応の面で検討の必要があり、良いサービスを探していました。

しのはらプレスサービスさんを知って以来、ずっとメンテナンスをお願いしています。

[※しのはらプレスサービスでは、修理や点検を最小限の納期とコストで行うだけでなく、計画的なメンテナンスのご提案を行う「プレスメンテパック、古い既存設備に改造を加えて最新設備に甦らせるレトロフィットソリューション「リビルトラボ」など、総合的なサービスをご提供しています。]

愛着のある設備は、使える限り使っていきたい。

古い設備だけど使えるものは使っていく。それが私どもメーカーのひとつの考え方だと思っています。何でもかんでも変えていくのが良いことではなく、機械とはいえ長年使っていれば愛着が出てきますし、まだまだ使えるものを捨てるのは忍びない。

当社の冷間鍛造プレスは、古いもので40年を超える設備があります。今となっては特殊なものですが、ボアなどもゼロに近くそれなりの機能を持っているため、多額の費用をかけて修復することに疑問を感じていました。また他の新しい機械もいろいろ探してみましたが、いまの設備より良いものはなかなかありません。比較的小型で使い勝手が良く、他に替え難い、という部分があります。

しのはらプレスサービスさんが「もうこの機械はダメじゃないの」と言うまでは、ずっと手を入れて可愛がっていこう、という風に考え方が変わりました。

古い設備は、改造や使い方次第で付加価値を高められる。

現場では古い設備を毎日稼働させています。昔に比べて、ちょっとした調整の手間に時間がかかるようになっていました。機械はいきなり故障するのでなく徐々にいくものなので、トラブル予測と計画性を持ったメンテナンスはとても重要なことです。

しのはらプレスサービスさんのソリューションでメンテナンスをきちんとするようになって、手間が格段に減り楽になったことが、一番の効果であり良いことだと感じています。

古い設備をオーバーホールやリペアという形で現状に戻すことに加えて、今後の使い方によっては、もっと有意義な「付加価値を高められる」ことが出来ると思います。

しのはらプレスサービスさんは、レトロフィットソリューションをはじめ、商品開発などいろいろなことを手掛けられています。早く段取り替えができるように改造したり、精度を高めたり、そうした「水野さん、こういうことを考えたら?」という提案を、今後も積極的にしていただきたい、良いものはどんどん取り入れていきたい、と考えています。

[※水野鉄工所様 レトロフィット事例:MKN-100 マイプレス 小松製作所製
 ・駆動関係修理(各種メタル新規製作) ・クラッチブレーキ部更新
 ・ノックアウト修理 ・空圧、潤滑、電気関係更新]

これまでのお取引実績(抜粋)


工事年月 能力 要項
2014年10月 1000kN 本体持込オーバーホール
2014年10月 1000kN 点検後修理(クラッチブレーキ)
2014年10月 1000kN 点検後修理(マツダ方式スプライン改修工事)
2014年11月 1000kN 点検後修理(クラッチブレーキ、フレーム亀裂溶接)
2015年1月 1000kN 本体持込オーバーホール
2015年1月 2500kN 点検後修理
(バランスシリンダチューブ・パッキン交換、エアフィルタ交換)
2015年2月 1000kN クラッチブレーキ修理、マツダ方式スプライン改修工事
2015年5月 1000kN 本体持込みオーバーホール

お客様インフォメーション


会社名 株式会社水野鉄工所
所在地

〒468-0065 愛知県名古屋市天白区中砂町360番地

電話番号

052-831-4555

主な事業

自動車の心臓部を構成する小物精密部品の加工

ホームページ

http://www.mizuno-iw.co.jp/

リビルト・ラボプレス点検・修理システム

しのはらプレスサービス株式会社 本社/工場 〒273-0016 千葉県船橋市潮見町34-2 TEL.047-433-7761(代) FAX.047-433-7706

Copyright© 2013 Shinohara Press Service Co.,Ltd. All Rights Reserved.