多少種少量生産にも適した設備更新で生産性・柔軟性のある生産ラインに!サーボトランスファ モリマシナリー株式会社様

点検・修理でのお付き合いから新規設備導入へ

槌田:しのはらプレスサービスさんとは10年程のお付き合いですが、今まではプレス機の点検や不具合箇所の修理といった内容が大半を占めていました。
過去の見本市でのトランスファの展示を拝見した後、岡本さんにお声をかけて頂き、しのはらさんの本社工場などの見学をさせて頂きました。プレス機械のメンテナンスに関する取り組み方や、多くの若い社員の皆さんが活躍している姿を拝見しました。その時、今まで持っていた「プレス機械の点検・修理中心の企業というイメージから「新しい事にチャレンジするプレスメンテナンスの総合エンジニアリング企業」といった印象を持つことが出来ました。
そんな中で導入を検討していたサーボトランスファについても安心してお任せできると考え、採用させて頂く事になりました。

片山:実際の導入工事においても、解りやすい工事予定表を提出して頂きました。スムースな工事となり、予定よりも前倒しで完了する事ができましたね。
導入して数か月が経過していますが、以前のメカ式トランスファで問題となっていた老朽化による不具合は解消されました。設備に慣れない新人でも対応が可能になり、非常に調子よく生産を行っています。今では他のラインで生産していたものもこのラインに回すことが出来るようになり、とても助かっています。

サーボトランスファの特性としのはらならではの工夫を最大限に活用

出原:現在サーボトランスファの特性を活用した新型金型の導入を計画していますが、それによりサーボトランスファの持つ能力を最大限に活用できると思っています。

またしのはらさんのFFPは段取りがワンタッチでできるなど、多品種少量生産に非常に適していて、別ライン・機械の金型を持ってくることも簡単にできる。サーボである事以上に色々なところで使いやすい工夫がされていると思います。

プレス機本体の電装品改修も同時に実施

片山:今回は岡本さんからのご提案で、トランスファ導入と同時に老朽化していたプレス機の制御更新も実施して頂きました。プレス周りがすっきりとして、尚且つプレス・トランスファを共通の制御盤で操作・制御できるようになり、使い勝手が非常に良くなりました。

出原:また全体の制御についても遠隔監視装置を導入して頂いた事により、何かトラブルがあればまず監視装置で確認してもらえるという安心感があります。
電気制御のトラブルは目に見えないものですから、原因が特定できずに生産が何時間も止まってしまうといったトラブルがあるので、この監視装置機能は今後非常に役立ってくれると思います。
タッチパネルのデザイン等についても、設計段階でいろいろとお打合せをさせて頂き、我々の要望を反映してもらいました。使い勝手のいい形になったと感じています。

今後しのはらに期待する事

槌田:今後は、しのはらさんのラインアップにある「取り外しのできるトランスファ(ワークロボSF)の様にその時の生産状況に合わせていろいろなバリエーションを持てる生産設備の導入などを考えていきたいと思っています。

出原:しのはらさんを見て思うのは、非常にうちの会社に似ているなと。やっている事は全然違いますが、姿勢の部分と言いますか、新しいものにチャレンジしていく所に共感を覚えています。これからも一緒に新しいものに積極的にチャレンジしていきたいと思っています。

これまでのお取引実績(抜粋)


工事年月 能力 要項
2015年3月 1250kN プレスブレーキ用光線式安全装置(AKAS)取付け 2台
2015年3月 1000kN 点検後修理(クラッチブレーキストローク調整、複式電磁弁交換)
2015年4月 2500kN 3次元ACサーボトランスファフィーダ取付け
2015年4月 2500kN 電気制御改修工事、ブレーク・ア・ビーム取付け

会社データ


創業 1948年3月
所在地

〒701-2434 岡山県赤磐市仁堀東1383

電話番号

086-958-2352

代表者

代表取締役 森 郁夫

資本金

2,000万円

従業員数

400人

工 場

本社工場、美作工場、岡山工場

営業所

東京営業所、名古屋営業所、大阪営業所

事業内容

冷間ロール成形機、成形ロール、工作機械用ATC(自動工具交換装置)、製薬用打錠機、
製薬用金型パンチ・ダイ、環境機械用リングダイ、自動車用部品等の開発・設計・製造・販売

ホームページ http://www.mori-machinery.co.jp/
サーボトランスファーBREAK-A-BEAM

しのはらプレスサービス株式会社 本社/工場 〒273-0016 千葉県船橋市潮見町34-2 TEL.047-433-7761(代) FAX.047-433-7706

Copyright© 2013 Shinohara Press Service Co.,Ltd. All Rights Reserved.