お客様事例1

「在庫(プレスメンテパック)」ありきの修理体制(代表取締役社長 遠藤 靖弘様)

しのはらプレスサービスさんとのお付き合いは当社がまだ横浜に会社を興したばかりのころ、2007年からになります。当時、中古プレス設備の据え付けに一度だけ仕事をしてもらった時は、営業の熊倉さんの人物イメージが強かったです。(笑)
福島への移設当初は地元の修理業者を使っていたのですが、これがどうにも違和感をぬぐえない。「修理」を頼んでいるのに、対処療法的なことしかしてくれないし、時間もコストも向こうの言いなりになることが多かったんです。

そんな時に強烈な印象の熊倉さんを思い出しまして、メンテナンスをお願いしたわけなんですが、最初に移設をした時の設備情報を大事にとっておいてくれて、さらに精密な点検をスピーディに実施してくれました。
驚いたのがその後の修理工程が最初から計画していたかのように、実にスムーズに無駄なく進んだんですね。これはプレスメンテパックというしのはらプレスサービス独自の商品というのは後から聞いたのですが、コストも時間も最小限に抑えて設備の状態を良くしてくれる画期的な工事方法でした。

「これは使える」と思いましたね。(笑)そんなこんなで設備の状態がどんどん良くなっていって、いよいよ新しいビジネスに挑戦しようかというところまで来ました。
その時も、しのはらプレスサービスさんを頼ろうと、早速熊倉さんをお呼びしたわけなんですが…

震災を通してさらに深まった絆(しのはらプレスサービス 執行役員/本部長代理 熊倉)

あの時はびっくりしましたね。ミヨシさんからの帰り道、新幹線の中にいるときに東日本大震災に遭遇したわけですが、その時点ですでに連絡も取れず、戻ることもできず、安否が非常に気になっていました。 幸いにして、お互いの無事はすぐに確認が取れたのですが工場はめちゃくちゃになってしまっていました。
『一刻も操業を再開して、従業員を守りたい』という社長の熱い思いにお応えすべく、我々もすぐに動き出しました。

あの時は本当に早かった!なにより、水も出ない、電話も通じない、電気だって計画停電という過酷な状況で文句ひとつ言わずに作業を完遂してくれたしのはらプレスサービスの従業員皆様には本当に感謝しています。

作業性大幅アップとミス加工の大幅ダウン。現場の評判も上々。(取締役工場長 小針純平様)

しのはらプレスサービスさんオリジナル商品の自動起動式シャッターガードを導入して、作業効率が大幅に向上しました。単純に作業動作が簡略化できるというだけでなく、一人一人の作業の質が確実に変わりました。
例えば、以前は加工品のチェックを全加工終了後にまとめて行いミスした分を追加で作業するというやり方だったのが、両手が自由になることを活かして1回毎の取り出し時にできるようになりました。そのおかげで年間平均3.6%くらいの加工ミス発生率が今では、1.2%まで抑えられています。特に製品につく傷などのいわゆる外観の問題はほぼ“ゼロ”になりました。

当社は多品種少量の生産体制を取っているので、「如何に数を多く生産するか」よりも「スケジュール通りに生産を終えられるか」が非常に重要になってきます。そういう意味でも自動起動式シャッターガード導入による時間短縮は大きな改善効果をもたらしてくれました。


作業時間が短くなれば、それだけ考える余裕が出てきます。現場の人間一人一人がより良い作業体制を考えるようになり、自動起動式シャッターガードの機能を最大限に活用した『多台持ち』という手法が生まれました。2台のプレスを1人でオペレートする方法は各方面で注目を集め、しのはらプレスサービスさんと一緒に見本市会場で毎回、共同出展させて頂いています。

設備のメンテナンスについても他の業者さんとは、明らかに一線を画していますね。常に当社側の使い勝手を優先して設計をしてくれているので、現場の従業員からも評判は上々です。最近では電装品の更新をしてもらったのですが、以前は金型交換時にぶつかりやすい位置にあった制御盤をプレスの脇に設置してくれるなど、かゆいところに手が届くソリューションを提供していただいています。

自動起動式シャッターガードで多品種少量生産をもっと増やせる!

一般的には『生産効率向上 = 生産数増加』と考えがちですが、決してそうではなく多品種少量生産の体制を強化するためにも作業効率の向上が必要なのだと、しのはらプレスサービスさんとのお付き合いを通じて学ぶことができました。

人間は考える生き物ですから、如何にして時間通りに決められた個数の生産を遂行できるかを作業者自身が考えられるようにするのが、本来の生産マネジメントであると私は考えています。従業員の皆との意見交換する時間的余裕を持てるようになり、生産設備だけでなく会社全体の雰囲気が常に健康的で明るい楽しいものになりました。

プレスのメンテナンスで頼りになるだけでなく、常にユーザーの立場に立って物事を考えてくれるサービスエンジニアリング企業なんだなと感じています。

これまでのお取引実績(抜粋)


工事年月 プレスの規模 実施内容
2006年3月   プレス本体移設工事(横浜工場~福島工場)
2006年10月   プレス本体移設工事(横浜工場~福島工場)
2007年4月   プレス本体移設工事(横浜工場~福島工場)
2007年6月 800kN 自動起動式シャッターガード取付け
2007年11月 800kN 自動起動式シャッターガード取付け
2008年8月 800kN 自動起動式シャッターガード取付け
2009年8月   安全講習会
2010年8月 600kN ブレーク・ア・ビーム取付け
2011年3月 800kN 自動起動式シャッターガード取付け
2012年9月 1600kN 電気制御改修工事、ブレーク・ア・ビーム取付け
2012年12月 800kN 自動起動式シャッターガード取付け
2013年5月 800kN プレスメンテパック(C.B、フライホイール部 修理)
2013年5月 1600kN 電気制御改修工事、ブレーク・ア・ビーム取付け

お客様インフォメーション


会社名 有限会社ミヨシ
所在地

〒961-0103 福島県西白河郡中島村大字中島字天神前188(本社)
TEL:0248-51-1186 FAX:0248-52-3703

〒245-0018 神奈川県横浜市泉区上飯田町4585番地(横浜工場)
TEL:045-303-1995 FAX:045-303-1996

業種・
製品内容
住宅機器部品メーカー(レンジ・フード等)
主要設備

アイダ 160t ダブルクランクプレス(3台)
アイダ 80t クランクプレス(3台)
アマダ 80t クランクプレス(1台)
アマダ 60t クランクプレス(2台)
アマダ 45t クランクプレス(1台)
アマダ 35t クランクプレス(1台)
アマダ 35t プレスブレーキ(1台)
アマダ 25t プレスブレーキ(1台)
小 松 80t クランクプレス(1台)
小 松 60t クランクプレス(3台) 他

シャッターガードプレス点検・修理システム

しのはらプレスサービス株式会社 本社/工場 〒273-0016 千葉県船橋市潮見町34-2 TEL.047-433-7761(代) FAX.047-433-7706

Copyright© 2013 Shinohara Press Service Co.,Ltd. All Rights Reserved.