作業効率の向上とともに疲労軽減も実現! 自動起動式 シャッターガード 株式会社長崎プレス工業 様

「深絞り加工」は加工時間が長く不効率になりがち。

株式会社長崎プレス工業 代表取締役 長崎 博孝 様

聞き手:しのはらプレスサービス 船橋営業所

                赤林 直幸

当社では、絞り深さの深い加工製品が多いため、比較的加工時間が長く、そのぶん加工効率も悪くなるという事情がありました。少しでも生産効率を上げたいということで、しのはらプレスサービスさんにご協力をお願いしました。

「材料の出し入れを行なってからフットスイッチを押すまでの時間にタイムラグがあり、その時間がもったいない」とのことで、しのはらプレスサービスさんから「自動起動式 シャッターガード」の提案がありました。当社では、難易度の高い「深絞り加工」を行う200tと150tの油圧型プレス2台に自動起動式の「ワイド型シャッターガード」を導入しました。

プレス加工中に材料の準備や検品などを行える。

「自動起動式 シャッターガード」は、センサーの特殊リンク機構で、プレス本体を自動起動させます。オペレーターのフットペダル操作による作業負担がなくなり、プレス加工中に、次の材料の準備を行うことができます。安全距離は無用となるため、作業効率が飛躍的に向上します。

当社での加工作業の特徴となっていた加工時間の長さを利用して、材料の準備や検品など、心にゆとりを持ってできるようになりました。

作業効率と生産性が格段に向上!作業者の負担・疲労を軽減。

生産数に関しては、30%~50%効率をあげることができました。いままで起動スイッチを押す作業者負担が相当大きかったところ、自動起動式でフットペダルや押しボタン操作が不要になり、疲労軽減効果はかなりあったと思っています。

シャッターが降りて、ガードが降りることによって、まず、危険な領域には手などが侵入できない。金型の飛散事故もありえない。そういった安全性は間違いない。安心して、不慣れな作業者でも作業が可能になりました。

しのはらプレスサービスさんには、今後、少量多品種に対応できるような、省力化の設備についてご協力いただきたいと考えています。

お客様インフォメーション


会社名

株式会社長崎プレス工業

創業

1959年1月

所在地

茨城県常陸大宮市工業団地644-2

電話番号

0295-52-3918

主な事業

プレス深絞り・スピニング・ダイレスフォーミング
各種金型製造
三次元レーザー加工(切断・溶接)

ホームページ

http://www.nagasaki-press.co.jp/

お客様ソリューション事例1

しのはらプレスサービス株式会社 本社/工場 〒273-0016 千葉県船橋市潮見町34-2 TEL.047-433-7761(代) FAX.047-433-7706

Copyright© 2013 Shinohara Press Service Co.,Ltd. All Rights Reserved.

プライバシーポリシー(個人情報保護方針)